WRAPの視点を取り入れた看護計画に基づく精神科訪問看護の効果

IMG_0279

「WRAPの視点を取り入れた看護計画に基づく精神科訪問看護の効果」に関する研究の量的データの解析が終了しました。

 

現在、取り組んでいる「WRAPの視点を取り入れた看護計画に基づく精神科訪問看護の効果」のデータの収集が終了したので金沢医科大学へ量的データの解析に伺いました。今回、共同研究者として学部長の長谷川教授と講師の田中先生にご協力をいただいています。

 

論文の発表が控えていますのでデータは公表できませんが項目によっては有意差が認められ傾向や示唆される部分が見出されました。

また、今回は質的なデータの解析にも取り組んでいますので、量だけでは見えてこなかった部分が明らかになると考えております。

 

これも、ご協力をいただいた利用者様、大学の先生方、データ収集に協力していただいた仲間があってのことだと思いました。

 

この研究により、現在の精神科訪問看護を受ける利用者様にとって有益に働くケアの一端が見いだせると考えております。

データによって裏付けされたケアの提供が続けられるように今後とも向上していきたいと考えています。

 

よろしくお願いします。

PAGETOP