第17回日本外来精神医学学会にて訪問看護の分科会をしました。

 統括管理責任者の進あすかと精神科認定看護師の木下将太郎、奈良所長の小瀬古伸幸が6月10~11日に京都で開催された日本外来精神医学学会にて訪問看護の分科会をしてきました。内容は訪問看護の新規面接の展開について行いました。講義とロールプレイを行い、実際の場面を想定してもらいました。

 フロアからは現象学を専門に研究している先生からの質問やご意見をいただき、私達の面接技術は現象学的にも根拠があることがわかりました。

 今後も訪問看護の質の向上に寄与していきたいと考えています。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGETOP