京都府立大学にて講義を行いました

 4月26日 京都府立大学にて「地域精神看護論」の講義を行いました。今回は、精神科訪問看護の実際「訪問看護ステーション」というテーマに沿って、統括管理責任者の 進あすか がお話しさせて頂きました。

 これから看護師や保健師になられる学生さんに、実際の事例を通して、当ステーションで取り組んでいる利用者様と一緒に記録を書き共有することなどをお話ししました。少しでも実際の看護場面を感じてもらえれば嬉しく思います。

 講義の企画をしていただきました、京都府立大学看護学科教授 北島謙吾 様には大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

PAGETOP