みのりWRAP集中クラス

・平成26712日(土曜日)、13日(日曜日)

 

みのりの職員だけでWRAP2日間集中クラスを行いました。

みのりがWRAPを推し進めていることは以前から何度も書いてきたことですが、職員全体でWRAPの研修を受けました。

 

「良いことも悪いことも起きてくる」人生を皆生きていると思います。良いことばかりしかない人生はないと思っています。

色んなことが起きてくる人生で、いい感じの自分でいられるために意図的に元気を回復出来る方法、工夫を知り、そしてそれを適切なタイミングで使うことが出来れば楽な人生を歩めるようになるのではないでしょうか。

様々な人が必ず生活の中で色んな工夫をしながら生きています。それぞれの人が持っている生活での工夫、知恵をみんなで共有し、そして学び合い、その学びの中から新たなものが生まれる。自分の希望の感覚にアクセスし、自分の責任で、自分で選択し主体的に人生を生きることを大切にしているのがWRAPです。

WRAPの全体像です。
 
 
いい感じの時の自分を出し合いました。
 
いい感じの時の自分を軸に、WRAPの他のプログラムも出し合いました。
 
WRAP研修の様子です。
 
WRAPというプログラムを通して、職員の新たな一面を見ることが出来たり、より深く知りあえることが出来たと思います。
 
講師をしていただいたのは、神奈川県を拠点に様々なWRAPの活動をされている“コープランドセンター認定WRAPファシリテーターの佐々木理恵さん”です。
佐々木理恵さんとは所長の進と所長補佐の藤田がWRAP研修を受けた時から仲良くしていただいており、佐々木理恵さんはWRAPクラスのファシリテーションを全国でされており、ご活躍されている方です。
 
2日間濃密な時間が過ごせ、職員達にも有意義な時間になったと思います。
佐々木理恵さんありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
メインファシリテーターの佐々木理恵さんと所長補佐の藤田と一緒に

 
 
メインファシリテーターの佐々木理恵さんと、所長の進、副所長の吉野と一緒に

PAGETOP